ブログ

栃木県発 上海で木目込人形をお披露目!

経済産業省 伝統的工芸品産業支援補助金事業
新春JAPAN FESTA ~ 伝統と美と技 ~
に 出展

2017年 1月11日~18日 上海高島屋にて
新春を祝うテーブルウエア展が華やかに開催されました。

この催しは経済産業省が日本の伝統工芸品を国内外に広くPRするもので、期間中沢山の来客があり、賑やかな会場は常に盛り上がっておりました。

栃木県からは益子焼と結城紬が選ばれました。結城紬を用いたわたくし室井久蘭の木目込人形は、
干支の酉と縁起物の瓢箪・駒・扇・鈴・小槌を展示。結城紬の懐かしさと美しい現代的な色彩の組み合わせが大変好評を得ました。

新宿高島屋・上海高島屋とも現地入りし、実際にお客様の反応を感じられたことは創り手の私にとっても大変貴重な体験でした。持参した雛人形にも興味を持たれた来場者もおり、今後の展開にも繋がる可能性を感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る